• ヨーロッパにおけるメタボリックシンドロームと代謝的に健康な肥満の有病率:10の大規模コホート研究の共同分析 (Japanese abstract) 

        Author(s):van Vliet-Ostaptchouk, JV; Nuotio, ML; Slagter, SN; Doiron, D; Fischer, K; Foco, L; Gaye, A; Gӧgele, M; Heier, M; Hiekkalinna, T; Joensuu, A; Newby, C; Pang, C; Partinen, E; Reischl, E; Schwienbacher, C; Tammesoo, ML; Swertz, MA; Burton, P; Ferretti, V; Fortier, I; Giepmans, L; Harris, JR; Hillege, HL; Holmen, J; Jula, A; Kootstra-Ros, JE; Kvaløy, K; Holmen, TL; Männistö, S; Metspalu, A; Midthjell, K; Murtagh, MJ; Peters, A; Pramstaller, PP; Saaristo, T; Salomaa, V; Stolk, RP; Uusitupa, M; van der Harst, P; van der Klauw, MM; Waldenberger, M; Perola, M; Wolffenbuttel, BH
        Date:2014-02-01
        要旨背景:すべての肥満者が、2型糖尿病または心臓血管疾患の素因となる有害な代謝プロフィールを有するわけではない。 BioSHaRE-EU Healthy ObeseProjectでは、複数の大規模コホート研究のリスク因子と表現型に関するデータを使用して、(健康な)肥満の作用について理解を深めることを目指している。この研究の目的は、10の参加研究において、肥満、メタボリックシンドローム(MetS)および代謝的に健康な肥満(MHO)の有病率 ...